ブログ

 

プラス発想・セルフイメージが学習にもたらす影響

  • 2019年05月21日

 学力を上げるためには、1、実際の学習への取り組みと

2、気の持ちようが大事です。

車の運転に例えると、実際の学力向上のための努力がア

クセルを踏むこと、前向きに自信を持ってその加速力を

邪魔しないことがブレーキを離した状態、といえます。

 ここで気をつけなくてはならないのが、2の気の持ち

ようです。往々にして人は知らず知らずのうちに、否定

的なマイナスの発想を持ちやすいものです。マイナスの

気持ちがあるというのは、車のブレーキをかけたままの

状態と同じで、そのまま学習に取り組んでも、(車なら

アクセルをふかしても)前に進まないのです。ですから、

ブレーキを解除して、常に意識的にプラスの発想を持つ

ことが学力飛躍のカギとなります。

 そこで、適切な言葉をA4やB4の紙に大きめの文字で記

したものを、目につくところに張っておきましょう。実現

したいことを描いてその文尾を「するぞ!」ではなく「でき

た!」、「飛躍・合格した!」と、完了形、過去形で締めくく

るのがもう一つのポイントです。

寝室の壁に張って寝る前と起きた時、にじっと数分間眺めて

みましょう。これを習慣づけると、精神面での足かせは消滅

するはずです。 

参考までに学院の壁に貼っている肯定的な標語をピックアッ

プしてみましょう。

◎「思考は現実化する!よい発想・プラス思考が成功の秘訣!

楽天思考で臨めば人生なんでも乗りきれる!」

◎「自分の目標は達成できる!というプラス思考を!

考え方×熱意×能力=結果。考え方が大事!能力は後から付いて

くる。」

◎「できる人もミスをする

だが、できる人は同じミスはしない!だから成績トップ実現」

◎「伸びる人は素直に学習法に基づいて学習する人である。

(真面目だけでは伸びない)伸びる生徒は集中力があり、記憶

術に長けている。」

 

 自宅に戻ったらその日のうちに、必ず学習した内容をざっと

見なおしておきましょう。それほど長い時間を要するものでは

ありませんので、必ず実行できるはずです。繰り返し、学習内

容を反芻することが記憶・理解の定着には必要です。そうすれ

ば同じミスはしなくなります。

予約の方はこちら お問い合わせ電話番号 0120-371-189 24時間WEB予約 ご予約はこちらから 開講時間 文系 水・木・土 15:30~22:00 理数系 月~金 17:30~22:00 土 14:00~17:00
  • 学力飛躍! No.1続出!!
  • プライムが選ばれる理由
  • 塾長紹介
  • 合格実績
  • 実績・過去の合格実績の記録
  • 保護者・塾生の声
  • コースと料金紹介
  • 入塾のご案内
  • よくある質問
  • BLOG
24時間WEB予約 入塾面談&無料体験授業 こちらをクリック予約画面へ
Copyright© 2015 Prime 芦屋学院 All Rights Reserved.