ブログ

 

一斉指導予備校 見直しの時期!

  • 2016年02月22日

一斉指導予備校 見直しの時期!  学院システム

——————————————————————————–

 
E判定から9か月でA判定・志望大学合格へ!

予備校に過度な期待を寄せても、難しいものがあります。
 結果は出しにくいものです。 
 予備校に通っていれば、高度の授業を受けてさえいれば、成績がどんどん伸びる訳ではありません。それはごく一部の優秀な生徒に限られます。
 学院で多くの生徒を指導してきた経験上、明確に言えるのは予備校で演習する授業内容以前の基礎が出来ていない生徒がほとんどであること、そしてその生徒たちに必要なのは、より基礎的なレベルの課題をクリアすることです。そこをないがしろにして、学校の授業や、一斉指導の塾、予備校での授業を受けても何の効果も期待できません。
 一斉指導で演習する内容は、自分のレベルに合わない高度な課題の場合が多く、またそうでない場合は、逆にわかりきったことの再確認であったりすることが多いのです。現状の力を伸ばすために必要な課題とぴたりと合わせることが難しい、ということがいえます。
 そして、一斉授業ではほとんどの場合、基礎事項は生徒自身でマスターしておくことが前提的な義務となっています。ところが、たいていの生徒はこの基礎事項の理解や定着を計画的に進められていないのです。そこは自己責任である、として、教える側が責任回避しているのが一斉指導方式です。
 基礎と応用、とは相対的な概念ではありますが、進学塾や有名予備校の一斉指導では、授業内容をレベルの高い生徒に合わせてしまうため、応用的な問題ばかりを取り上げます。誰もが困る難問、優秀な生徒でさえ解説が必要な課題をテーマに、優秀な名物講師が手際よく解説していくのです。
 基礎が充分定着している生徒ならこのような授業は非常に効果的でしょう。しかし、このレベルに合っているのは講座開始時点でほぼ全体の半数以下です。しかもそれについていくことのできる生徒の割合は年間の講座スケジュールが進んでいくにつれて確実に減っていきます。
 多くの生徒は、そして優秀な生徒ですら基礎をないがしろにしていく傾向があります。意外にも進学校の生徒に基礎的な問題集を演習してもらうと、基本レベルが抜け落ちていることを発見することが多くあるのです。この状態のまま進んでいれば、中堅校レベル合格ですら危うくなります。
 基礎力の維持のためにも、定期的にその見直し、チェックをしていかなくてはなりませんが、それを怠る生徒が多いのです。そして、知らぬ間に、だんだんと成績が頭打ちになっていく本来は優秀な生徒も少なからずいます。
 一方、元々、基礎力養成が課題である生徒は、自分の本当の課題にすら気付かないで、ただ優秀な生徒の真似をしてついていけば成績が良くなる、とでも思い込んで、応用的な問題にばかり取り組もうとしますが、結果、全然歯が立たないことに愕然として自信を失います。
 
 ここに紹介したことに該当すると感じた生徒の皆さんは、思い切って決断が必要です。基礎力をゆるぎないものとして確立するための指導を受けること、学習習慣を身に着けることの方が難関校合格への近道です。
 そのためにはプロの個別指導が最も有効です。
 基礎力の定着には、プロのマンツーマンによる付っきりの指導は必要ありません。学習内容の割合で示すならば演習に要する時間8~9割に対してその理解、チェックのための指導は1~2割となります。学習到達度に沿った進め方が必要ですので、当然、プロの計画的な指導の下に進めていかなくてはなりません。
 プロの個別指導が無駄のない、きめ細かい学習指導を実現できる唯一の道であることに気付いてください。
 プライム芦屋学院ではプロの個別指導をリーズナブルな費用で、受講できます。第一志望校合格への道が近くなります。

芦屋 夙川 個別指導 学習塾 進学塾  
高校受験 難関大学受験 阪大・神大・早稲田・関関同立 受験対策 個別指導
英語  国語  古文 現代文 数学 

予約の方はこちら お問い合わせ電話番号 0120-371-189 24時間WEB予約 ご予約はこちらから 開講時間 文系 水・木・土 15:30~22:00 理数系 月~金 17:30~22:00 土 14:00~17:00
  • 学力飛躍! No.1続出!!
  • プライムが選ばれる理由
  • 塾長紹介
  • 合格実績
  • 実績・過去の合格実績の記録
  • 保護者・塾生の声
  • コースと料金紹介
  • 入塾のご案内
  • よくある質問
  • BLOG
24時間WEB予約 入塾面談&無料体験授業 こちらをクリック予約画面へ
Copyright© 2015 Prime 芦屋学院 All Rights Reserved.